スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
フミを失って1年・・・経ってしまいました
ワタシの大切な親友のフミを失って1年が経ちました。
今日は彼女の命日になります。。。。。。。
これといって何をして良いのかも全くわからないアタシです。

写真にはお盆のお供え物をそえてみましたが
無宗教のアタシにはこれ以上の儀式的なものをすること自体
なんだか似つかわしくないというか、嘘っぽくてイヤなんですよ。

さすがに、1年経つと、諦めというか・・・・
フミがこの世に存在しないというか・・・・
形を成すものを失っているという現実を認めざるを得ません。



フミの訃報を聞いて、泣き叫んだ1年前。
可愛い妹・・・血縁以上の何かを感じていたあの子を失ったことに
どう対処したら良いのか、どう受け止めて良いのかわからなかった。

可愛いあの笑顔も、息をつく間もなく話し続けるあの目も
触れることも、聞くこともならないことを知ったとき
彼女の身体の横たわる場所へ行くことが恐ろしくてたまらなかった。

気持が整理できなくて、どうして良いかもわからなくて
ここに・・・ただ彼女への想いを一心不乱に書き込んだ。

奇特な人からのコメントに心癒されて、人というのはやはり
独りで生きてはいけないようにできているんだと痛感し

フミがいなくなってしまった事実を受け止める勇気を持とうと
必死に自分に言い聞かせようとつとめた。


生まれてこの方、親友と呼べる友人は何人かいるけれど
ベタベタした付き合い方が苦手なワタシは、そんなに頻繁に会うこともしないし
メールや電話をマメにするとかもないようなやり方で
そんな怠慢なことが、フミを失ったことに直接的に繋がったんじゃないかと
心底悔やんで、悔やんでも足りなくて、冷えた身体を横たえるあの子を
見たときの感情は、文字で表現できない苦しさを齎した。


苦しい時期に何もしてやれなかった事実。
精神の病を抱えているのを知っていたのに、何も手を差し伸べられない己の無力さ

あれほどあの子をわかっていると自負していたのに
結局は何も出来ないまま、失ってしまった大事なひと。


1年も経つのに、まだ苦しくて彼女の写真をじっくり見つめられない。
胸が苦しくなる。心が締め付けられてしまう。
写真の笑顔を奪い取ったのは自分の非力さも影響していると想うと・・・


結局、ワタシは非力でちっぽけなんだなと思う。
だから、努力し続けないとどうしょうもないんだよね。
頑張れない自分は、尚更どーしょーもない。

フミが教えてくれたこと。
失って初めて知る大切なこと。タイセツナヒト。大切な気持。
心に浮かぶ感情を、温め続けるだけではいけないということ。
伝えられるということの素晴しさを忘れてはいけない。
感じることができるという事実を軽視してはいけない。

ありがとうも、だいすきも、あいしてるも
言えなきゃだめだよ 伝えないとだめだよ

少なくとも、今はフミに直接的に声をかけて、声を聞くことは出来ない。
失ってしまったらこうなってしまう。

きっと、フミは寂しがりやだから、たまにこっそりこのへんをウロウロしにきて
アタシの傍とかも来ちゃったりして
フミの写真ですら直視できないヘタレなアタシを笑っているんだろうなぁ
だから、返事は聞こえなくても
声をかけ続けよう 写真の中の 可愛い笑顔のままのフミにね。

新盆は子供の成長を見に行くのが先だろうけど・・・
東京から引っ越しちゃって遠くなったけど
ちょっとぐらい・・・アタシのところにだって・・・
足を伸ばして会いに来てくれよ・・・・
形を失っても いまだって変わらず あんたのことだいすきなんだから

フミはアタシに会いに来てくれるでしょうか
来てくれるといいな・・・

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/07/22 11:48】 | 失った友へ | コメント(1) | page top↑
<<ん・・・・ | ホーム | ヤッパリダナ>>
コメント
気に掛けておりました
もう1年なんだね・・
【2006/07/29 11:05】 URL | ゆがみ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。