スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
流行のように自殺が相次ぐ中、ちょっと書いてみます
(。・ω・)ノ゙ やあ♪みどです。こちらのブログを全然更新しないダメな子です。。。

ゲームブログで親しくしている、一撃さんの記事に触発されて
みどの失った大事なフミのことを中心に久しぶりに書いてみようと思います。


ブログ内関連記事 ⇒ 失った友へ


彼女はみどの大親友です。3歳下で、ちょうどみどの実妹と同じ歳。
フミの姉はみどと同じ歳。そんな関係から姉妹のように過ごしていました。

出会った頃から彼女の中にある、欝的な部分に気づいたみど。
そのことは折に触れ、何かと話し合っていたのだけど
フミの母親が看護士という事がかえって難しくしてしまった悲しいケースでした。

母として娘が鬱病に苛まれている事実を認めたくなかったんだね。
父親も同じだった。父親と母親の違いは、職業的プライドの有無ぐらいかな。

職業的プライドから、事実を認めたくはなく、
また気付かなかった事実を受け入れられなかったんだよね。
正直、なんて浅ましい女なんだろうと、酷く憎んだものです。

何がプライドだよと。娘の幸せと健康を差し置いても、プライドと世間体を選んだ親。
憎むべきこの件。アタシは相当憤慨したものです。

そんな面倒なことを娘に吹き込む友人のわたしを、母親は疎ましく思い
フミには欝ではないと洗脳する作戦を展開してきた。

看護士の母が言うし、自分もそんな大病じゃないさと思う気持ち。
これがリンクしてしまって、治療をするという選択肢が消えていった。

アタシは思う。
本人が思う以上に、欝をはじめとする心の病は非常に根深く厄介であり、
自覚する頃には、それはそれは大病になっているんだよと。

アタシは介護士さ。看護士よりずっと見下される立場ではあったけれど
生の現場で、毎日精神的疾患と戦っている患者さんを診てきた事実は
あんたみたいな、内科の看護士なんかより、ずっとまともな目だよ?って言いたかった。

色々言ってもダメなら、もうアタシがフミを守るんだ!と・・・・・
フミもあたしに何でも相談したし、いつも一緒にすごしたりしてたし
これで何とか今より悪い方向に行かないで欲しいと願い続ける日々でした。

浅はかなんですよね。アタシなんかに何が出来るんだと。
結果的に彼女は死んだんだし、何も出来なくて、せめてもと自己満足していただけだ。

死ぬってなんだろうと考えることは少なくない。
介護士の立場上、たくさんの方の死に出会ってきたし、身内でも何人も亡くなっている。

自分だって子供の頃死のうとしたことが何度となくある。
父親の暴力が激化した頃、長女の自分が妹や弟を守りきれない恐怖に陥って
いっそのこと、父親に殺されるぐらいなら、わたしが妹弟を殺して自殺しようと
毎日毎日頭がおかしくなるぐらい考えていたんだ。
母親は離婚していなくなったし、妹弟を守れるのは10歳の自分だけだった。

当時、本当に辛くて死んでしまおうと思ったのに、出来なかったのは
妹弟の笑顔を見たときに感じた、姉としての良心だったのかもしれない。

自分だけ死んでしまおうと先に思って、残されてしまう妹弟が不憫で道連れにしようと
本気で悩んだわたしだけれど、まだ7歳と5歳でしかないこの子達を
何で殺していいといえるんだ・・・と、たった10歳だけど思ったんだよ。

次に思ったのが、父親を殺してしまえば、一生殴られなくて済むじゃないかという考え。
だけれど、そうしたら自分は刑務所に入って、この子達は行くあても無くて
施設とかっていうわからない所に入れられて、一生会えなくなって
きっといっぱい苛められるんだろうと、その妄想で頭がパンクしそうになって・・・
酔って暴れて泥酔する父を、包丁を握り締めて何度泣いたか・・・
思い出すだけで、心臓がギューーーーっとなる。

その後も、死にたい気持ちを抱えながら中学生になって高校生になって
何度か飛び降り自殺をしようとしたりもしたんだよね。

だけどね。死ねば楽になるなんて思わなかったよ。
中学生になる頃には、もっといやらしい考えをしていて
あたしが自殺したら、父親は物凄く打撃を受けて、罰を与えてやれるだろうと思ってたの。
恐ろしい思考だよね。命と引き換えに・・・父への復讐心で心がいっぱいだったなんて。

結果的に、本気で飛び降りようとした時に、人に見つかってしまって
そのことがきっかけで、直接的に自殺をしようという行為はおさまったんだよね。
皮肉にも、知らない人に見咎められ止められて、おさまったわたしの自殺衝動。

フミはね、アタシと違って本当に鬱病を抱えていて、早期治療に踏み出せなくて、
結果的に、結婚して出産後にやっとのことで、事の重大さを周りが認めるようになって
たまたまフミの勤めた病院の院長が、心優しい寛大な方で、フミに告知して治療を提案して
やっとフミ自身が受け入れる時期と重なったので、やっと治療スタート。
彼女が亡くなる、1年半前にやっとスタートしたのよ。。

アタシはさ、その7年前から治療しようと促していたんだよ。
もっと早く、もっと強引にでも出来なかったかと、悔やんでも悔やんでも結果論。

死にたくなる気持ち。シンプルにそれだけの部分なら、アタシも経験があったし
ついでに、ちょっと精神科なるところへ勤めてたこともあって、早く気付いていたんだけど
アタシが出来たのは、フミの辛い事実への共感理解をよりいっそう深めようと努力する事と
出来る限り彼女の話を何でも聞こう、何を思うのか吐き出させてあげたいということ
こんぐらいしか出来なかったんだよ。なんてちっぽけなんだろうね。

アタシなんてちーっぽけな人間が出来ることは少なくて
もっともっと周りを巻き込んで、声をでっかく叫んでいれば良かったんだよね。

悲しいことに、家族である血縁の身内がすすんで、事実を否定して隠蔽したわけ。
一番気遣って、一番心配するはずの家族がだよ。

だけどね。珍しいことじゃないんだよね。日本って国は、世間体だと大義名分掲げるのが
大好きだから、身内にそんな精神病の人がいるなんて認めないよ!ってとこ多いのよ。
これだけメンタル面でのことが騒がれる昨今でも、まだそんなに変わってないんじゃないかな。

そして悪いことに、ネット社会の浸透。
便利に匿名にできることをかさにして、いっぱい余計な情報が乗っかってる。
より楽な自殺方法。より綺麗な死に方。

バカじゃないかと。楽に死ねる方法があるわけがないじゃないか。
生きることも苦しいけれど、死ぬことそのものはもっと苦しいんだよ。
何をバカなことを言っているんだと憤慨しきりなみどですけど。

ちょっと風邪で鼻が詰まっただけで息があんなに苦しいのに
走って坂道登ろうとしてもあんなに苦しいのに
呼吸が止まるように仕向けることが苦しくないわけ無いだろうが。バカめが!

本当に精神疾患で苦しんでいる人が、自殺へ向かってしまうことはままあって
これは、病そのものが死に執着させる事もあるという
とてつもなく悲しいことなんだよ。

辛いから死にたくなるなんて風に、簡単に説明できることなんかじゃなんだよ!!

そう。死のうということのみに執着する姿そのもの、それが病。
病がそうさせて、自力で這い出せなくなっていることが病。
ということも実際にあるんですよ。

だから世界中の精神科の医師が苦戦しているんじゃないか。
んな単純なもんなら、医者だって苦労するか!

許せないのは、自殺の手伝いをすべく死に方を軽々しく流行させようと教えるバカだ。
どうせ流行らせるなら、折れそうな心・心の痛みを開放・治療するために
もっとたくさんの光のある場所に、人の手を握る勇気を沸き起こさせるような
そういう場所に出て行く勇気を触れ回れよ!

影響力の強い、テレビに出てくるような人まで自殺してしまい
大々的に放送されて、これでまた便乗自殺する人が増えてくるんだろうか。
流行?なにそれ?死ぬのは怖くないだ?だってほらあの芸能人も死んだじゃんとか
そんなの許せないよ。


うつのような気持ちになることは、誰にだって絶対あります。
大なり小なりどころか、1回ぐらい本気で死にたいと誰だって思うでしょう?

それを、アタシは死にたくなる病気だから~とか、自己判断鬱病とか、
逆に、真剣に治療しないとならないような、精神的疾患を患っているのに
本人も否定しているパターンもありえる。

人間なんてね。どうせ一人じゃ何も出来やしないんだよ。
多かれ少なかれ、誰かのお世話になったり、誰かを助けたり、拠り所になったり
拠り所を求めたりしながら、命尽きるまでやっていく生き物なんだよ。

開き直って誰かの手を握ったら良いのよ。
諦めて誰かに胸のうちを話せば良いのよ。
人間なんてね非力なのよ。独りじゃ非力なのよ。

誰かに話そうよ。
どうして辛いのか。いつから辛いのか。何が辛いのか。
辛い理由がわからないのか。わからないことが不安なのか。
誰にも話せない、若しくは、話しても聞いてもらえなかったとか

病院に行ってみよう。どうなるか不安だよね。勤務経験のあるアタシでもちょっと不安。
だけど行ってみよう。治療レベルじゃないよって、大丈夫だって笑って言ってくれるかもしれない
薬と上手く付き合って治して行こうって提案してくれるかもしれない

一番大事なのはやっぱり自分だよ。大事にしようよ。
だから診てもらおうよ。専門家に。自己判断は良くないよ。

ネットに流れている、自殺は簡単だなんて鵜呑みにしちゃダメだよ。
あんなのは、愉快犯が煽っているだけよ。2ちゃんのノリで釣ってるんだよ。
2ちゃん風の釣りなんかに乗って、命捨てて地獄の苦しみを味わうの?

どうせ人間なんて弱い。弱いから可愛いんだよ。
誰かに話しに出かけてね。誰かに電話をかけてみよう。
自分の解決力を過信しちゃダメだよ。誰だって頑張りきれないこともある。

頑張れないときの自分も大事にしてあげて。

お願いだから。独りで頑張りすぎないで。。。。。


それがみどからのメッセージ。
フミと同じ死の恐怖と痛みを感じる人が1名でも減りますように・・・・


おしまい

テーマ:心のつぶやき - ジャンル:心と身体

【2008/05/28 12:51】 | 失った友へ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<簡単には 喪失感も 痛みも 消えないよね | ホーム | 原因不明の腰痛の話。 持病がムカつく。>>
コメント
こっちでは初となりますな、一撃です。
関連記事を、ちょっと時間をかけて読ませてもらってました。

友人のことは、大変残念なことです。大事な人が居なくなると、本当に心に穴空きます。これが苦しくてしょうがないですね。同時に自分の詳細を知ってくれている人が減るわけで、なんとも言葉にできない寂しさと虚しさだけが残ります。
辛いです。

偶然にも介護の会社で私も働いていたんです。現場は3ヶ月程度でしたが。
現場から事務所で経営側に立ち、色々親族の事情を聞くことが多かったのですが、内容の良いものはほとんどありませんでしたね。みどさんは近しい友人の家庭事情なので、苦しさは計りしれません。よく頑張りましたね。

”病そのものが死に執着させる事もある”
本当にそうだと思います。辛いことがあると、すぐに死んでしまおうって思考がいくのが病だと思います。私の嫁さんもそうでしたし、情緒不安全開だったなぁ。一緒に、ゆっくり直して行こうと思って結婚したので、私個人は辛くないんですがね。
あれですよあれ、奥さん。子供が出来たのも治療の一環です。

嫁には

「漏らしてるじゃねっ!」とお叱りもらいましたがね。
愛ですよ、愛(ぉ

こんな長いコメント残すぐらいなら非公開で自分のブログに書こうかとも思いましたが、出過ぎたことしても何ですし止めました。書きたいことは沢山ありますが、ヨゴレたコメントがこれ以上長くなるのは私が耐えられませんので、これにて失礼いたします。長文駄文すみませんでした。

追記:みどさんが私より長いこと息してることに安心し、性格やら仕事が似すぎててびっくりさせられました。真似しないでよねっ!
自分の事以外で、涙を流したり心ちぎれそうになれる、みど様は素敵ですぜ^^
お互い頑張りましょうね!
【2008/05/29 18:08】 URL | 一撃 #-[ 編集] | page top↑
一撃さんへ
丁寧なコメントありがとう^^
なんだぁ、同業者なのかー。ちぇー・・・・。
全然違う分野の人だと思ってたのになぁw

フミを失ってね、みどは考え方が変わったのよ。

心ってさ、一瞬で変化するから面白いんだと思うのよ。
ヘタレな時も、強くなれるときも、かっこよくなれる時もあってさ
そういう諸々の、微々たる変化から大きな変化まで
全部含めて自分だし、そういう多面体な自分を可愛いと
ちゃんと思える自分になりたいなーと思ったのね。

それまではさ、家庭の問題が心をギッチリ占めててね
自分の存在も恨んでいたぐらい、本当に情けない生き物だったの。

DVの悲しさで、親に従順にならなければならない恐怖と
親を憎んで恨んで、どうして復讐してやるかと思う気持ち。
そんなもんだけで生きてたのよ。情けないよね。

でもね、やっと自分に向き合えたのよ。
やっぱり、みんな形こそ違っても、絶対幸せになるべきなんだよ。
フミが全部教えてくれたの。すんごい刺激的な方法で・・・

なにもさ、こんな方法じゃなくてもいいじゃねーか!って
恨みがましくも思うんだけど、人間ってのはエゴの塊だし
大きな大きなショックでもない限り、三つ子の魂百までとは
良く言ったもので、なかなか変身出来ないよね。。

切ない気持ちは未だに何も変わらないんだけども
少なくとも、フミは死にたくて死んだというよりは
病気に押され負けた結果だったので、非常に残念なんだ。

もし、これを読んで何か心に感じる人がいたりして
良いきっかけを掴む微量の影響を及ぼせたらなと
そんな風に思って書いたんだ。

失って日を重ねるにつれ、どんどんフミのことを口に出せなくなってきて
そういう自分が苦しかったので、いいガス抜きになったと思う。

一撃さんがあの記事を書いてくれなければ、みどはこの
今の気持ちに達せなかったんだよね。

本当に感謝しているよ。いつもありがとう。
気配り上手で手抜き上手なアナタはとても素敵です。
気張り過ぎないことを理解している人間は、一番素敵なんだよ^^

追伸:
奥さんとても可愛い人なんだね^^
【漏れたのは液体じゃなくて、愛だよ。。。】
って伝えておいてね!ふっふっふ♪
【2008/05/29 20:11】 URL | みどみど #cQS5UOKA[ 編集] | page top↑
泣いた・・・
私の全ての細胞が泣いた;;

みどみどさんの優しさと悔しさ・・・そして力強さ
それでも支えきれなかった親友
伝わることが多すぎる
気づくのが遅れるのが人だけど、それでも何かしようと抗ってしまう
そんな部分が好きになれずに自己嫌悪になる人は多いよね
私も二重人格になりそうになった経験があるけど

どう・・・表現したらいいのかな、文章じゃ伝えられない気持ちが湧き上がったよ
【2008/09/01 11:06】 URL | あでゅ #-[ 編集] | page top↑
あでゅさんへ
こちらにもお越し頂きましたか。恐縮です^^;
ここはみどの独り言空間で、しょーもないこと書いてます・・。ふ。。

人間なんて弱いし、人間なんて無力だけど
手をとって声を出して思ったり悩んだりすれば
見えてくるものもあるはずだという
みどなりの提案というか、見解を書いたまでです。
心の痛みを抱えて苦しむ人に何かしら
小さな漣をたてるきっかけになったらいいなと
小さな小さな野望を抱いて書いてみました。

あでゅさんの心に、小さな漣が立って
誰かの気持ちに触れたり思ったり感じたり
そんな機会が触れたら良いなと・・・思ったり^^
【2008/09/02 15:41】 URL | みどみど #cQS5UOKA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://midorisamasama.blog13.fc2.com/tb.php/140-61fed34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。