スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
東日本の震災に関すること
お久しぶりです。みどでございます。

この度は、東日本大震災及び津波によってたくさんの皆様が被災されましたこと
心よりお見舞い申し上げますと共に、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

また、このたびの震災で、たくさんの尊い命が奪われることになってしまったこと
大変胸の痛む思いです。みなさまのご冥福をお祈りいたします。

今回の大規模な災害を知るに及び、わたしなりにたくさんの思いがありましたが
上手く記事に出来る自信がなく、色々思いあぐねておりました。

しかしながら、せいぜい募金することぐらいしか出来ないでいるわたしに
何が出来るのだろうと考えた末、ようやく答えを見出しました。

何も出来ないけど、せめて今感じたことを記して残そうと思ったのです。

いつもながら言葉足らずだったり、表現がうまくできないことも
あるかと思うのですが、思ったのだから書いてみようと思います。





今は、ライフラインの混乱により、震災現地での情報が統制されておらず
闇雲に恐怖心を煽るのを使命としているかのような過剰報道が横行しており
言語道断とも言うべき、人の心を蝕むのを仕事としているかのような輩が
大腕を振って闊歩しているような状況に思えてなりません。

西日本在住のわたしにとっては、遠く離れた東日本の状況はテレビなどの
媒体を通してしか知ることが出来ません。

震災直後は、東日本の友人に連絡が取れず、胸がつぶれる思いでした。

そのような状況で、テレビにかじりついているしかなかったわたしにとって
過剰極まりない報道のあり方に、違和感を覚えずにはいられませんでした。

日頃、殆ど見ることがないNHKのアナウンサーは、事実を淡々と読み上げるように
不必要な大げさな表現は用いず、プロとしての仕事を全うしているように
見えたのに対して、各民放のアナウンサー達の愚かなる演技には唖然としました。

『あざとい』としか形容しかねる大げさなリアクションと共に、恐怖心を煽る
べくして書いたとしか思えない原稿を読み上げる声がどんなに怖かったことか。

民法各社は何を伝えたかったのでしょうか?
事実をありのまま伝えるということは度外視なのでしょうか?

大げさな言い回しで伝えられる内容は、センセーショナルな印象以外何も残りません。

過酷な被災現場での中継に関して、このように言った人がいました。

『事実を伝えるジャーナリズムが』

『今起きていることを伝える使命がある』


被災地で何とか難を逃れて身を寄せている人々のところに言って、
インタビューをする者の後ろに黒い意図が覗けるような錯覚さえしました。

阪神・淡路震災のときにも、報道のあり方について訴えられたことは生かされていません。
不躾なインタビューや、被災地で心つぶれるような状況の人たちの頭上で
延々と飛び交うヘリコプターの騒音に苦しむ人の声は無視でした。

今回、これが余計に悪かったのが、震災範囲があまりにも広く、ガソリンなどの
救援物資を運ぶための燃料や避難所へ移動するための燃料などの
生きていくために最低限でも必要な燃料すら確保できない人たちの頭の上を
これ見よがしに飛び交うヘリの騒音ってどうだと思います?

現地でいかにも大事な仕事をしているんですよと押し付けがましいレポーターたちが
困っている人々の手伝いをするでもなく、頑張ってください・・・の連呼。

この言葉に怒りしか見つけられませんでした。

お前たちに言われなくても最大限以上の踏ん張りで頑張ってるじゃないか。
人の不幸を食い物にしているだけだろうと言われても、反論できないような
ひどいことをしている現状でこの頑張って下さい発言に激昂してしまいました。

あんたらは、飲み水さえ困っている現地の方々に、大量に持ち込んできた
水1本でも差し出したのか? 瓦礫の1個を動かすのを手伝ったのか?
心から心配しているんだったら、口先だけで報道用に垂れ流す言葉以上に
何か出来るんじゃないの? そういう気持ちがふつふつと・・・

こういう、

何でもいいから1番センセーショナルなことを報道できれば良い

という精神でやっている、生き物に対して、あたしはこう言いたい。


お前たちの言う。「ジャーナリズム」ってなんなんだ?

そんな薄っぺらいジャーナリズムとやらを押し付けられるのはまっぴらだ!!


激昂してしまったわたしは、怒りのまま、いろんな報道関連の会社に電話をかけて
過剰な表現を用いた報道を止めてくれと言っていました。

どこもなかなか電話がつながらず、つながってもクレーマー扱いで
急に電話が他につながれ、一方的になにやらまくしたてられ、唖然としていたら切れる。

そうです、電話がつながっても即切られただけでしたけどね。

私のしたことは何も意味がなかったのでしょうね。
自己満足でその場の怒りをぶつけただけに過ぎないのでしょうね。

そうであったとしても、だとしても

報道で垂れ流されている誇張されつくした言葉に、もう翻弄されるもんか!
と、それだけは思えました。もう騙されないぞ。と。



スタジオに専門家を呼んで色々解説をさせている場面を見ますが
意図的にセンセーショナルな部分が浮き立つように、言葉を遮ったり
中継先に切り替えたりして、情報操作をしているのが目に付きます。

解説者の~~大学のその道の専門家のみなさんは
報道慣れしているわけではないので、いいようにアナウンサーにあしらわれており
より、衝撃的に感じるように操作された部分だけを話させられてると感じる。

あざといやりくちに辟易したので、NHKに切り替えて見続けてみたら
民法のやり方とは全く異なっていて、専門家が最後まで解説するのをきちんと待ち
伝えるべき内容を見極めようと互いに立場を尊重しているように見えました。

あくまでも、専門家であっても、政府ないしの国家的に隠蔽したい・している
であろうことまでは、あんまり言えないのだろうけれども
事実報道されている範囲での内容で話している感じがしたのが本音。

あたしは別にNHK信者でもなんでもないし、肩を持ちたくないのだけれど
今回のことに関してだけはこの部分を捨て置けなかった。

あたしはショーが見たいんじゃない。
芸能情報を面白おかしく伝えることに慣れすぎた民法は、そのスタンスを
こんな大災害の場面でも軌道修正できなかったんだな、と哀れですらある。


インターネットに頼らない世代の方は、専ら情報源はテレビだ。
民法の情報操作・感情的誘導にどうか騙されないでほしい。

実際、震災で現地は大混乱しているのだし、物資など行き届かず
大変な思いをしている人がたくさんいるのは事実です。

ただ、民法がやっている報道の仕方は間違っていることが多い。

冷静に、何が事実として起こっているのか、自分で情報を精査する力が
求められているように思えてやまない。


まだまだ寒い毎日が続く中、被災地の皆さんは寒い思いをされているでしょう。
今日は雪が降るようですね。暖は取れるのでしょうか。

心労や過労に押しつぶされてしまう人がありませんように。

自衛隊や消防、医療関係、ボランティアのみなさん。
大いなる使命感の元、大変な作業に従事されていることでしょう。
どうか皆様の誰もが怪我や病気にかかりませんように。


テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

【2011/03/25 10:53】 | 大事な話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<03/25のツイートまとめ | ホーム | 03/24のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://midorisamasama.blog13.fc2.com/tb.php/184-025727db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。