スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
朝から突然の訃報が・・・

(。・ω・)ノ゙ やあ♪ お久しぶりです。

ツイッターのログだけ流す状態が続いていましたが、今日はちょっと久しぶりに
書いてみようと思います。




今朝、6時過ぎにニュースを見ていたら、驚きの内容が流れました。

『 中村勘三郎さんの訃報 』

まだ50代半ばにして、亡くなられてしまったとのニュースに驚きました。

確かに、胃がんでの治療の経過は良かったが、呼吸器疾患が・・とは報道で見たものの
まだお若いので、しばらく治療に時間がかかるとも、あの素敵な笑顔で戻られると、
何の疑いもなく思っておりましただけに、今はまだショック状態のままです。


歌舞伎というのは、さすがに見に行くには敷居が高いもので、関東在住時代も見に行ったことはなく
テレビに出てくる勘三郎さんを拝見するだけではありましたが、新しいファンを獲得するべく
人生をかけて尽力なさった功績は、多大なるものがあると思うのです。

勘三郎さんといえば、人好きのする笑顔と、チャーミングなお話の仕方。
誰でもこの方には悪いイメージはもたなかったのではないでしょうか。

テレビの中のいい人を演じている人・・・という空虚なものを感じさせない
生身の温かさを感じる人間味を持っておられる方であったと思っております。

私にとっては、お話しする姿を拝見すると、心がほっこりする癒しの存在でありました。
そのお姿を拝見するチャンスがなくなってしまったことは非常に残念です。


私は声フェチであります。
しっかりした発声の男性が好みであるのですが、芸能人となると、一様に古典芸能の方に
偏っていくのであります。
幼き頃から舞台に上がり、鍛錬を続けられるわけですから、当然の結果としてお声がよくなる。
ですから、歌舞伎や狂言の役者さんは、とてもとてもお声がよく、私は大好きなのです。

そんなわけですから、勘三郎さんのお声も大好きで、また実にお話の仕方がチャーミングなので
素敵な人だなぁと、若い頃から大好きな役者さんでありました。

こんなにも早く亡くなられるなどと思うわけもなく、ただただ呆然としております。
願わくば、今一度お姿を拝見したかったのですが、それがもう叶わないのですね。



今年も非常に残念なことに、思わず声を上げてしまうような訃報が続いておりますね。
大滝秀治さんの訃報も胸を痛めたひとつです。
私の中では、ベストなおじいちゃん像でありましたので、悲しみはひとしおでした。

人間というのは、イキモノである以上、いつかは尽きる命ではありますが
こうも偉大な方が亡くなってしまうと、直接お会いしたことはなくとも
喪失感というものも感じてしまうのです。

命の期限をきめている神様という存在がもしいるのであれば、なぜ連れて行ってしまうの?と
一言で良いから言いたくなってしまう。

勘三郎さんはまだ60にもなっていない若さです。
大滝秀治さんだってまだまだご活躍して欲しかった。

言ったとして何も変わらなくとも、そう叫びたい気分です。


心からご冥福をお祈りすると共に、生前たくさんの笑顔と癒しを頂いたことを
心から感謝したいと思います。ありがとうございました。


おしまい。
【2012/12/05 08:35】 | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ご無沙汰しておりました。 | ホーム | 11/26のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://midorisamasama.blog13.fc2.com/tb.php/317-1521a8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。