スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
やっぱり、うざいもんはうざい
( *・ω・)ノやあ、みどです。こんちには。
ボチボチっと、入院生活のストレスを感じとります。

さて。たいしたことじゃーないんだがね
やっぱり、うぜーなーと思ったりしてる
些細なことを書いておこうと思います(* ̄ー ̄)

では、以下、折りたたみにて


えー。相部屋である。

入院当初、緊急だったこともあり
該当診療科じゃない病室だった。

まー緊急入院なんだし、しゃーない。
田舎なもんで、都会みたいに病院多くないくせに
人口は結構多いのよねー。


色々待たされたりって、しょうがないと
普通に納得してるわ。わたしは。


で。術後3日で該当診療科の病棟にやっと来れたんだ。
普通に考えたら、専門のスタッフになって喜ばしい。

喜ばしく無かったのは、同室になった、70代のばーさんさΣ(ノд<)

うるせえ。

要介助で自力での移動はおろか、食事も介助、トイレはおむつ。

自立してるのは、『くち』だけだ。


うるせーって、食事への文句。

献立に、食材の切り方、盛り付け、彩りと、一度の食事で30分は大声で
文句を言っている。

その間、同室のあたしは、罵倒されてるソレを食べているわけ。

もう、その情けなさって、言いようがないわ。

セレブぶってるばーさまじゃなくて、普通の田舎の農家のばーさまじゃ。


歳を重ねていくというのは残酷なもので、綺麗事だけで半世紀以上も
生きてらんないわよね。

介護士として、沢山の年配者と関わった経験があっても、さすがにカチンと
くるものがあったわ。

介助についた看護師に、30分グダグダ文句を言うのは
患者という甘え、病気への苛立ち、入院という拘束への不満
それらがない交ぜになり、年長者という傲慢も相まっていた。

これが仕事なら、福祉の現場では珍しくもない話なのだ。

だがね。あたしも同じく入院患者なんだわ。

相部屋のストレスを感じてるし、食ってる飯の罵倒聞きながら
我慢させられる筋合いはないんだよな。

スタッフの未熟さはお粗末だ。50代にもなって、同部屋の患者に
配慮して、諌めるなりできんのかと。
できんならやめちまえよ!と言ってやりたい。

当事者の婆さんには、年寄りなら何でも赦される免罪符があるとでも
思ってるのか?馬鹿と言ってやりたい。

病気だろうが、心が寂しかろうが、心根の貧しさは言い訳にならんからな


シモの介助受けながら、実況放送みたいに解説するのもやめてくれw

ストレス溜まるぜ!


経過は順調である。1日も早くシャバに帰るぞーー!


おしまい ( *・ω・)ノマタネ~♪

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

【2013/03/23 11:10】 | 吐言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<03/23のツイートまとめ | ホーム | 03/22のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://midorisamasama.blog13.fc2.com/tb.php/358-73342169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。