スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
玉置浩二 GOLD TOUR 2014 に行ってきました

(。・ω・)ノ゙ やあ♪ みどです。こんにちは。

ここしばらく体調が優れず、日々ダラダラしてすごしております。

昨年の手術後また10月辺りから体調が落ちていて、怪しい感じで年を越し

今もまだそれがじわじわと継続している悪い感じですね。

さすがに入院とまでは行かないで済むといいなと思っていますが

なんとも心許ない感じです。

なんだかんだと持病が二つに増えてしまってから良くないなぁ・・・


さて、表題どおり昨日の出来事を書きますね。


以下、折り畳みにて。


今回のコンサートは、本当に急遽行くことになったんです。


関東に住んでいた時代、どうも縁がなかったのか、会場も暖まらない切ないコンサートに
行ってしまう事が多く、安全地帯のコンサートで物足りない感じが多かったんです。

なにせみなさん、座ったまま聞き入っているという感じでして
聞きほれているというのはわかるのですが、クラッシックコンサートの様で、
来場者の平均年齢がとても高い会場しか行ったことがなかったんですよね。

そりゃ、演奏も歌声も絶品でしたが、お客さんが大人しくて、え?と思ってしまったり
台風直撃の酷い天候のため電車が止まりそうなので、早々に切り上げるしかなかった回に
行ってしまったりと、あたし本当についてなかったんですよ。


そういう経緯や引越し、私自身の病気などいろいろなことが重なって
なかなかコンサートに行くことができないまま、結構な月日が経ってしまいました。


今回、珍しく深夜付近のテレビで今回の玉置浩二ソロツアーの
広島公演の宣伝が流れたんです。

殆ど今までCMって無かった気がするのですけど、チケット余ってるのかなぁ。
とは感じでいましたけど、まさか私が行くことになるとは。


ここしばらく長いこと、あたしの体調がイマイチで相方なりに心配してくれて
いたようなのですが、何せあたしの運のなさ。

ちょっと物足りないコンサートにしか行ったことが無かったことも話してありますし
平日のコンサートでは、相方は仕事が終わってからじゃ間に合いませんので
広島公演があっても行けなかったんですよ。実際問題。

地方公演なのでもちろん1日しかないですからね、週末にあることはなかなかないですし。


今回は、あたしのことを気遣って、無理して仕事を早上がりに切り替えることにし、
なんと公演前日に行くぞ!と言うんですものw

前日ですから、ローチケでも買えないよねーw

ありがたいことに当日券あるとのことなので、早めに会場に行って買いました。
真ん中後方の列のチケットが買えましたので、非常に良い席でした。

しかし、当日でこんな良い場所が残っているのだから、あんまりお客さん来ないのかな
また盛り上がらないのかな、そうなったらどうしよう
相方は玉置さんが好きですが、あたしの影響で好きなったファンなので
今回がはじめてのコンサートです。

初回から悲しい公演だと2度と行きたいと思えなくなったり萎えたりしないかなと
相当な緊張感で時間を迎えたのです。



玉置さんがステージに登場するまでの時間、本当にドキドキした。

そして、颯爽と玉置さんが会場に入ってきて・・・・


最前列の立ち上がる時間の早かったこと!!!w


こんなに一瞬で会場が弾ける姿・・・初めてでした。。

一気に涙腺が緩んでしまって、あぁ、玉置さんありがとうと心から思って泣いてしまいました。


今まで行ったコンサートだって最後に行ってから10年以上経ってますけど
いつだって素晴らしい歌声だったんです。とってもとっても。

ただ、観客側がちょっと大人しい、お行儀が良すぎる会場だっただけだった
の・・かなぁ・・・??

ああああぁぁぁぁぁ。
これはライブDVDと同じ盛り上がりだよ。

これだよ!!!これっ!!
あたしが感じたかった熱のある会場。これを体感したかった。

全身で玉置さん大好きってみんなで発散する会場に身を置けた事もうれしかった。

玉置さん自身も病気をしたり、復帰後は少々声も出ない感じだったり
以前のツアー中の騒動もあったりしましたが、昔のように笑顔が素敵な
抜群の歌を聴かせてもらえるなんて、玉置さん本当にありがとう。



今回のツアーはもちろん、GOLD TOURと、アルバムのタイトルがついているので
ニューアルバム曲をメインで聴かせてもらえると思っていたのですが、

ソロの代表曲をまんべんなく聴かせてもらえるとは!!!

隣で相方が興奮しまくっているのが伝わってくるのです。

そうなのです。彼が好きな曲は昔の曲も多いのです。
その頃は無論ファンではなく、生で聞けるとは殆ど思っていなかったわけです。

相方の好きな曲を、これでもかこれでもかと、どんどん歌ってくれるじゃないですか!

相方の熱と、わたしの熱と、会場の熱が本当に凄かったです。

興奮しすぎて泣き過ぎて、序盤何の曲を歌ってくれたのか曖昧なぐらいに
狂ったように熱中してしまいました。


誰でも歳を重ねますから、玉置さんも例外ではありません。
声もだんだん衰えるのは誰にもあることなので、多少は覚悟していたのですが

全然です。

そりゃ、若い頃の熱量をともなう頃と比べれば、高音こそ多少のかすれはありますが
パワーも艶も、見劣りしないほどのものがありました。

今の玉置さんは、素敵に歳を重ね円熟した魅力を発散しまくっている
それはそれは色っぽい大人の男でありました。



どれが一番良かったかとか、何が一番良かったとか・・・

全部です。全部良かった。何もかもとても良かった。


アルバムの曲は全てではなく、抜粋という感じでしたが
まさか尾崎豊の曲を歌うとは思わず、とても驚いた。

尾崎豊自体が個性的な歌唱なので、カバーした人たち、イベントや番組で歌う人は
オリジナルに引きずられた歌い方をする人が多い中、
玉置浩二という人はやっぱり玉置浩二で、唯一無二でありました。

しっかりすっかりやっぱり。玉置節。

I LOVE YOU 玉置浩二バージョンもとても良かったです。

提供曲も歌ってくれましたので、またそこも楽しめましたし、
プログラム全体のバランスも良く、コアなファンも、そこそこのファンも
初めて来たような、ファンじゃない人でも十二分に楽しめる構成になっており
そういった部分でも唸らされるものがありました。

近年、色々と技術が進んでしまったせいで、CDでは良いけど実際は・・・え?
という、「アーティスト」と言うのもおこがましい人が増えている昨今で
生で聴かせるだけの能力を有する人が少ない時代。

なんて貴重な存在なのでしょうか。本当にありがたい存在です。

きっと、あんまりファンじゃないんだけどな。。なんて来場した人も
帰る頃には魅了されてファンにならずにはいられなかったでしょうね・・ふふ。



早熟だった自覚は一切無いのですが、わたしが玉置浩二という人の歌に魅せられたのは
非常に早く、中学校入学したて。

友達の家に遊びに行って、彼女のお姉さんが大ファンで聞かせてもらった日から
あたしは彼のとりこなのです。

思い返せばもう30年なのです。なんと長い時間が経ったことでしょうか。

クラスメイトたちは、ジャニーズだアイドルだと言っている中での
安全地帯なのです。共感してくれる友達は皆無でしたw

何せみんなチェッカーズやらに夢中で、全然話が合わない。

友人関係を円滑にするためだけに、安全地帯以外をしょうがなく耳に入れるという
感じで生きていたので、若い頃から耳が肥えました。

おかげさまで、アイドルの歌はもう呪いか何かにしか聞こえず辛かったw

本物のボーカリストの声は耳だけでなく、心にズンズン響くので
見た目の愛らしさや、キラキラ攻撃じゃ届かない部分に触れてくるものだから

表面的な楽しみ方で満足している友人たちとは、音楽では共感できないまま
青春とか言う時代を、安全地帯と玉置浩二に染めて過ごしたものです。


あたしの家は凄く貧乏で、お小遣いも殆どもらえなかったので
中学生でアルバムを買うことの敷居の高さたるや・・・本当に無理でした。

音楽番組をカセットテープで録音して、何とか耐え忍んで
頑張って貯めたお小遣いとお年玉で買ったのがⅤ

3枚組なので高かったから、買うのが大変すぎて愛着が物凄いです。
5千円を捻出することの大変さは忘れもしませんw

テープが伸びるまで聞いて、高校生になってアルバイトを頑張って
何もかも我慢して、順番に1枚ずつCDを買い集めました。

1枚1枚手に入れるあの興奮がまだ鮮明です。

本当にいい思い出です。

そしてCDはテープみたいに伸びないですからw 
何度でも心配なく聴けるww


高校1年生からお小遣いなしだったので、定期代を含め何もかも自力で稼ぎ
その中で何でも我慢我慢で、部活の道具と安全地帯のアルバムを買うために
テスト前だってバイト休みませんでしたw

我慢して手に入れる。必死に手に入れたものの価値は計り知れません。
それ以上に玉置さんからもらった感動はもうあたしの青春全てです。

家が厳しくコンサートなんて行かせてもらえなかったけれど、
CD聞いて毎日歌って、聞きながら眠って、玉置さんだらけの日々でした。

本当に思い返すと、辛かったときも嬉しかったときも、全部のシーンが
玉置浩二の歌声の中にあるのですよ。

久しぶりにコンサートに行って、声を聴いて帰ってきて一夜明け、
いろいろなものがこみ上げる思いです。


長いことファンやってますが、長いってだけでコアなファンだなんて
おこがましくて言えたもんじゃありませんけれど。

ただ自然に玉置さんの歌が好きで、いつもわたしに寄り添ってくれたという感じ。

これからもファンでい続けるし、そうでしか生きていけないと思います。


ここ数年、病気がちですが、昨日は生きていて良かったと涙がいっぱいでました。

またしばらくこれで心健やかに生きていけそうです。

病気はまだ小康状態ですが、そんなことはもう付き合っていくしかない。

辛い日は今までどおり、玉置さんの声に癒されながら、昨日の感動と興奮を思い出そう。


そして今、玉置さんの歌を聴きながら、昨日のことを思い出して
目がうるうるしているわたしなのでした。


おしまい

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!


体調的に無理してコンサートに行ったので、身体が辛いですw

結論。

自業自得っ

テーマ:玉置浩二 - ジャンル:音楽

【2014/04/05 10:09】 | なんてことない話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<04/05のツイートまとめ | ホーム | 03/24のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://midorisamasama.blog13.fc2.com/tb.php/412-35c87345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。