スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
このところ、色々ありすぎてお腹いっぱいです
(。・ω・)ノ゙ やあ♪ みどです。こんにちは。

この2週間ばかり、病院ばっかり行ってます。
そんなに足しげく通いたい場所でもないのにな。

っていうのも、実はめんどくさい事になってしまってね


以下、折りたたみ。




いやはやまいりました。

最初は、あたしの 『足が痛い』から始まりまして。

左ひざ関節の内側の、ちょっと下付近が妙に痛む様になってしまい、
座っているのも辛い状態で、膝を90度近くまで曲げると激痛に近い痛みが走るのですよ。

うちはフローリングじゃないので、カーペット敷きなので床に座るんだけど
足を曲げていると痛みが増すばかりなので、足を伸ばして座っていると
それでも痛みがだんだん酷くなるので、椅子に変えて見たんだけど、
結果的にはそれほど劇的な変化も見られず、改善がなかったので病院へ。

膝関節の疾患かと思って、整形外科に行ったら、膝は綺麗なので原因は違うとの診断。
総合病院へ行ったので、そのまま別の科への受診を進められて、
心臓血管外科の予約をして、後日受診。

膝付近の血管に何らかの原因があるのではってことで、CTやらエコーやらの検査を予約し
医療用の加圧タイツをはいて様子を見る事に。

CTなんかも予約制だから、また何度も通院する事になって、全部の結果が出たけど
結局のところ、血管由来の疼痛ではないことだけがわかったにとどまる。

てっきり、膝に水でもたまったかぐらいに思ってたので、こんな展開になるとは思いもせず。

まぁ、確かに痛いのは膝ではないのだよなぁ。

結局のところ、タイツをはいていると若干痛みが軽減することは判明したので
しばらくの間は、タイツをはいて経過観察をして、痛みが悪化した場合は、
神経科にいって、痛みのコントロールをすることになるそうだ。

そのタイツってのも、股関節の下辺りまでのものなので、ガータベルト必須なのだ。
痛いのは左足だけなので、片足だけのタイツ姿。

そのガータベルトが、医療用が妙にちゃちなので、病院の人にも
自分で探して買いに行ったほうが良いとすすめられなのだけども
足の痛みも酷いし、ネットで注文しようと思って調べて見たんだけど・・・

セクシーガータベルトしか見つけられないと言うww

色々見たけど、怪しげなセットものしか良いのがなくて、参った参ったw

あんなふうなのとか、こんな風なのとか、ちょっと診察のときに医師に見られるのを
悩んでしまうようなものばっかりなのだよねぇw

セットの下着なんか、ここで文字にするのもアレなのばっかw

こんなハレンチな下着とのセット以外にないのか!と半ば怒りつつ探して見たけど
セットじゃないのは、もうカラーとかデザインがいやらしいのばーっかりで
恥ずかしくて相方にだってこんなもんつけてんの見せられやしないっての。プンスコ

しょーがないので、一番レースが少なくてましなのを注文したけど
いやらしいベビードールと、これ以上布面積を削れないぐらいのTバックショーツ付き。

こんなもんを買う事になるとは思いもしなかった。
しかもこれが、そういうなんていうのか、ハレンチな目的で使用するもの特有の物だったので
タイツをしっかりホールドしない感じで、損したっていう結末ww

こんなプレイ用のものを買うなんて、医療用のちゃちなの買うほうがマシでした。

医療用のは1500円。今回のセットものが5500円。

捨てるために買ったようだww

まぁ、オチとしては、いつも色々買ってる通販サイトなんだけど、そこからの
おすすめ商品メールが、セクシーランジェリー特集になったことだ。ふはは

めんどくさいけど、後日ちゃんとした下着売り場にいって、現物見て買います。




んで、あたしの足が痛くてしょうがないのよね、の最中、相方の顔面に異変が!

左こめかみから左目周辺にかけて、帯状疱疹になってしまいました。

んで、飛び地のように、鼻の頭にたくさんの発疹かたの巨大かさぶたに。

最初は痒い痒いと訴えて、鼻の頭にいたっては、ニキビか?と、
本人ぎゅーぎゅーと潰そうとして、いじり倒したと言う一番やっちゃいけないことをするww

最初の痒みと赤みが、だんだん酷くなってきて小さい水疱が出てきたので
説得してあたしと同じ病院へいく。

その頃には、両方のリンパ腺も腫れ上がり熱も出てきていたのもあって、
受付では耳鼻咽喉科への受診を最初にするように言われたので

午前耳鼻咽喉科→午後皮膚科→夕方眼科

と、3つも受診する事になってしまった。

大量の抗生物質やらの内服薬にはあっけにとられました。
帯状疱疹の内服薬はすっごく高いぞ。みなさん知ってました?

一番危ぶまれたのが瞼に出来たもので、眼球に飛べば失明と言うこと。

アイメイクでアイラインを粘膜に塗りたくる馬鹿な女子の多い時代ですが
その瞼の粘膜のところにも感染して大きめの発疹になっていたので
非常に心配しました。2ヶ所にあったのでなおさらです。

点眼薬と眼軟膏を目に入れるのですが、点眼薬は1日3回、軟膏は5回。

この軟膏が目に沁みるし、目の中に粘度の高いものをぶち込むというのは
猛烈に痛いものなのです。

一人ではなかなかうまく軟膏をぶち込めないので、あたしがやってあげていたけど

痛いから目を閉じたい 相方と
痛いんだから1回で確実に軟膏をぶち込みたい あたしとの

戦いの日々でしたww

まつげが濃いので、ちょっとでもまばたきされてしまうと、軟膏がまつげについて
外に押出されてしまい、ちゃんと患部についてくれないのですよ。

グイっと目を広げて、アイラインを引く勢いで、目の端から端までビーっと入れるのが
正しいやり方なのですが、ちょっと目に触れただで目を閉じようとしてくるので
目を広げる左手に力をこめて、閉じさせるか!ぶち込むまでは!と、
心を鬼にしてやり続けましたとも。

傍目には、かなりの痛々しいシーンですが、これなくしては根治できないのでしょうがない。
失明するよりマシなのです。うむ。

1週間ばかりこの戦いを続け、やっと治った相方です。

なお、仕事は禁物絶対に安静に。なんなら入院しても良いんですよ?とのことだったので
仕事は休んで毎日あたしの軟膏差しに耐え切ったのであった。


二人して同時期に病院通いになったのですが、なかなか同じ日に診察と言うわけにも行かず
週に何度も二人して病院にいって、どっちかの診察を受けると言う2週間でした。

いつもの定期受診もはさまるので、あたしはまだ通院ばっかりするのですが
二人して病気になるとえらいことになるので、もうこういうのは勘弁してもらいたいわ。


なかなか病院に行くこともない相方ですが、あんなに薬を飲むのがへたくそで
1回に飲み込める薬の数がちょっと+大量の水   だったのですが

今回の処方で1回に8錠の巨大な薬を飲む試練を乗り越えて
めっちゃ上手に飲めるようになったw スキルアップっていう?これw

一方、あたしは元々介護士だったこともあり、点眼なんか何度も介護施設でやってあげる
立場だったので慣れたもんでしたが、痛みの強い軟膏を入れるテクがUPしましたw



今回の教訓。

なんか得体の知れない赤みが皮膚に出た時期に、疲れが出ていたり水疱がある場合は
痒みでも痛みでも、何とかして触らずに通院すべし。

痒みしか出ていない時期に、掻いてその手についた汁をあちこりに塗りたくる結果になって
広範囲に発疹を広げてしまうのが特徴のようです。

しかも、初期はぼんやり赤いだけなど、いきなり必ず発疹になるわけでないので
すぐに病院にかからず、猛烈に悪化させる人も多いようですね。

相方の事例のように、顔に出た場合は顔面中ボコボコになってしまうし、目に飛べば
失明の危険性が。背面など出た場所によっては眠れないほどの激痛も出ることがあったり
ちょっと安易に考えてはいけない疾患であることは事実です。

完治しても痛みだけ残ることが多い帯状疱疹。
軽く考えないようにしたいものですね。


(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

【2015/02/10 11:25】 | ほぇΣ(・ロ・ノ)丿びっくりだ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<02/10のツイートまとめ | ホーム | 02/08のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://midorisamasama.blog13.fc2.com/tb.php/446-78867c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。