有名な作家さんの話
かなり有名な男性作家さんの本を読んでいたら
若い男女の会話シーンがあった。多分20歳にもならない子。

「やぶからぼうになんだい?」
と、友達の質問に、そんな風に返事をしていた。

藪から棒が出てきたら驚くのはわかるけれども
ヤブカラボウという言葉を普通に使う人もそうそういないと思い
描写のおかしさが目立ちすぎて、偉大な作家さんへの羨望が薄まった。
「急になんだよ?」「いきなりなんだ?」ではダメだったのか・・・

ムリにやんぐなてぃーんの会話を書かなきゃ良いのにと思った。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/03 14:20】 | 気になっていること | コメント(0) | page top↑
<<結局の話・・・ | ホーム | 矛盾していても思うこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |